スポンサーサイト

--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                 
        

十六夜咲夜専用機 14/10 その5

2014/ 10/ 03
                 
アロンジィ!
どうもDRです。
前回からそこそこ期間も空きましたが、
その間になんと20歳の誕生日を迎えてしまいました。
いままで10代だったのが20代になり、年金等の請求が来るみたいですが、
学生の今だとあまり実感が湧きませんね。
結局10代で彼女ができることはありませんでしたw
(彼女いない歴20周年というわけですww)

とはいえ、20代にもなりましたし、劇的に変化はしなくても、
少しずつそれなりの成長ができるように努力していきたいですね。


それで、十六夜咲夜専用機ですが、
前回の更新の後、ブログ繋がりのぺぐさんと話す機会があったので
話した所、なんと咲夜さん専用機のさらなるアイデア(設定画込み)を発案
していただきました!
それを元に結構手を加えたのがこちら。
DSCF0006_20141003200157bc8.jpg
DSCF0007_20141003200159023.jpg
どうでしょう。かなり変化したと思います。
ちなみにバックパックは外してあります。

前回からの改造点としては、
・両肩をカット。
・AGE-FXからリアアーマーを流用、前のと統合。
・フェイスをダークマターにチェンジ
こんな感じになってます。
設定画によってスカートの長さが変わってるのを反映して、
ファンネル装着時と脱着時によってロングスカートかミニスカート
かを分けるようになっています。

現在はシルエットをより女性的にするべく、
つまさきの改造、各部の調整を行っている状態です。
ですが現時点でもかなりの咲夜さんぽさが出ていると思います。

私は前の方も結構好みでしたが、今の方が魅力的に感じています。
アイデアを出してくれたぺぐさんに感謝!

詳細に関しては随時更新していきますね!
それでは。




にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
                 
        

十六夜咲夜専用機 14/10 その4+楽器のお話

2014/ 09/ 19
                 
ども、DRです。
楽しかった夏休みも終わり、先日から大学が再開しました。
単位的には余裕があるのと無いのの間みたいな感じですが、
まあ、まだなんとかなるレベルです。問題はいつ資格に挑戦するかぐらいでしょうか。

DSCF0126_20140919230244c14.jpg
非常に地味ですが、脚アーマーの先端を鋭くしました。
一見意味のないように見える改造ですが、まあ実際その通りかもしれません。
ですがシャープさを出すためにはこういう所を直すのもひとつの手だと思います。


hdi (48)
hdi (1)
それで、現時点で組み立てた写真がこちらになります。
おおまかに言うと、クアンタをフレームにAGE-FXのパーツを外付けしていった
感じですね。
多少手は加わっていますが、脚、腕に関してはほぼクアンタそのまま、
一番手を加えているのはバックパックと腰部ですかね。
hdi (47)
正面から、肩の高さが違うのはきにしない方向で。
前回から前かけパーツの位置調整と一部形状を変えたことで、
前から見た際の違和感はほぼ解消されたと思います。
本当は背中にドライブだけつけたかったのですが、一機体にクアンタと
AGEFXのビット、ファンネルを載せるとなるとやはりAGE-FXのバックパックを
流用せざるを得ませんでした。奇跡的に違和感はほとんど無いですが。


こんな感じで基本的な形状は完成したので、ここから表面処理がメインに
なります。まあ足りないパーツもまだあるのですが。






ここから楽器の話です。興味ない人はカエレッ!


さて、このブログでもちょくちょく話が出ていますが、私楽器やってます。
種類はSAXとEWIです。
始めた理由ですが、T-SQUAREというバンドの初代にして現行のSAXパート、
伊東たけしという人の影響なんですよね。

この人がT.Kこと伊東たけしさん。
実はF1のテーマであるTRUTHはこの人が吹いてるんですよね。

この人が使ってるサックスのメーカーはセルマーと呼ばれるサックス界でも
カリスマ的人気を誇るメーカーなわけですが、いかんせん値段が他より倍高い
んですよね。(ぐぐるといかに高いかがわかります)
とはいえ、当然高い分音はいいもので、ましてや憧れの伊東たけしさんが使ってる
となるとどうしてもほしくなるわけです。

で、
NCM_0441.jpg
ついに買ってしまいました。セルマーのスーパーアクションシリーズ2"GP-Tone"
ちなみにGP-Toneとは吹くところがなんと金でメッキされてるいうなれば
ちょっと贅沢なバージョン。
名前は最近決めたのですが、GP=金メッキ=金色ということで何を思ったか
ヤミという名前になりました。

わざわざ東京の渋谷まで選びに行き、短い試奏時間の中、
三本吹き比べた結果この子になりました。
一見サビがひどくて少しぼろっちい印象を受けるのですが、
見た目のぼろさに反して非常にいい音ならしてくれます。
基本私は物に関してはより安い物を選択する傾向があるのですが、
こういう一生物になりえる物に関しては、後悔したくないという思いが
あったわけです。

ちなみにセッティングですが、前述の伊東たけし氏に憧れてるので
写真のは非常にそれっぽいバリバリ系な音のセッティングです。
(吹奏楽だとうるさいとか汚いとかいわれますが・・・)
これとは別にもうひとつおとなしめのセッティングもあります。

さて、長々と話しましたが特にオチはないですww
ですがこういう趣味に全力で取り組めるのはありがたいですね。
恋愛に関してはとんとだめですが、趣味については我ながらいいチョイス
してると思います。
趣味が複数あると
一見関係ないように見えて結構影響しあっているあたり、おもしろいですよね。


それでは、長くなったので今回はここまで。また次回。



にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 音楽ブログへ
にほんブログ村
                 
        

十六夜咲夜専用機 14/10 その3

2014/ 09/ 11
                 
どうも、1か月ぶりの更新とかだらしねぇな。DRです。

安定して更新できるとかその手の言葉は私にとってフラグみたいなものに
なりつつありますね。
この1か月間何もしていなかったわけではありませんが、特に記事に
するようなものでもないしなぁ、とか思っていたらもう夏休みが終わってしまいました。
明日からまた授業が始まりますが、後期はもっと計画的に動けるようになりたいですね。


さて、1か月経った咲夜専用機ですが、実家に戻ったり部活が忙しかったりで
案外触れてません。まったく触れてないわけではありませんが・・・
DSCF0072.jpg
ジャンクから発掘したピンの折れたエクシアの腰パーツを改造して、
新たな腰のウェポンラックを新造します。

左右のスラスターをAGE-FXの脚についてる
ファンネルラックに置換しました。

ついでに元々サーベルを付けるパーツを付ける隙間を少し広げ、
縦長ポリキャップを埋め、パテで固定しました。
これは元々クアンタのビットを装着するために埋めたのですが、
後でこれとは別にもう一つサーベルラックを作りました。
その話は後々の更新で詳しくしようと思います。

DSCF0074.jpg
別角度から。ポリキャップが若干歪んでしまったので、上からプラ板貼って
隠そうと思います。

DSCF0077_20140806234206687.jpg
前回紹介したボールジョイントの流用ですが、瞬着を使い
固定しました。パーツの片方に接着することで、塗装の妨げにならずに
固定できます。


写真ではこれだけですが、実際はもう少し進んでいて、一応形はできました。
Twitterの方で写真が見られると思うので興味のある方はそちらも。
ブログの方でも近々撮影して更新していこうと思います。

それでは、今回はここまで。



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログ プラモデルへ
にほんブログ村
にほんブログ村 コレクションブログへ
にほんブログ村
                 
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。